MSR MINIWORKS EX (ミニワークス)

たくさんの浄水器の種類がある中
何を使えば良いのか?

って悩んでいました。
買うと結構な値段する品物。

前回、沢に入った際に軽く遭難しかけた時に
めっちゃ役立ったアイテムが
このMSRの浄水器でした。

予定の日程をオーバーした際
手持ちの水がなくなる。

北海道はエキノコックスが心配で
高度の高い場所、雪解け水でさえも

煮沸して飲まなければいけない。

以前、旭岳(2000mぐらい)のキャンプ場にさえ
キタキツネがいました。

今回使用したMSRについて説明します。

・ヘルメットに雨水を貯めて使用。
(雨が凄くのと体が冷えて、テントの外に出れなかった為)

・川の水(増水による濁流)を使用。

まずナルゲンの1Lを貯めるのに、
握って、離す、握って、離すを繰り返す。約10~15分ぐらい掛かる。
MSR側では『1分間に1Lの浄水が可能』
俺のやり方が、良くないのかな?

他の浄水器を使用した事がないんですが
中々大変ですね。

ナルゲン社製ボトルを直接接続できるのが良い点かな?
ナルゲン使わない方にとっては意味がないね。

amazonで¥12,600

引用ーーーーーーーーーーーーーー

どんなスタイルの冒険、遠征、旅行にも、安心して飲める水の確保は最も重要なことです。
MSRは安全な水を得られる様に、調査と研究を重ねております。
カスケードデザイン社は社内に微生物研究所があり、汚れた水を飲める水にする研究を行い、最新技術は政府や国際救援隊、そして発展途上国の人々の為に公開しております。
こうして開発された技術をアウトドア市場にフィードバックすることで、信頼できる浄水器、ウォータータンク、給水システム等の製品開発に繋がり、それらを必要とする際は何時でも入手できます。

寸法:190×70mm
重量:456g
ろ材:セラミック(0.2ミクロン)、活性炭
ろ過流量:1.0L/分
浄水能力:2000L

Expedition_WT__H

Untitled

広告

ストーブのあれこれ

アルコールについては
TRINITY LIGHT STOVEのアルコールが良い感じだった
ブラックのマットな感じも良い

SOTOのストーブも良い感じでしたが
写真撮るのを忘れてしまった、、、、

MSRのリアクターは
遠赤外線が出て、着けているだけでも
かなり暖かい。
冬場の時の暖に使うのに能力が発揮されるらしい。

次回また、詳しくUPもしくは編集します~

20131018-133903.jpg

20131018-133914.jpg

20131018-133926.jpg

20131018-133942.jpg

20131018-133951.jpg

MSR ドラゴンフライ

98年に発売され、連続燃焼機能と火力調整出来る機能を併せ持つ
夏場のキャンプから、冬場の雪山まで、安定した火力を維持。

ガソリン、ホワイトガソリン、軽油、灯油、でも使えます。

先日、ダッチオーブンで調理した際に
多義に渡り機能を発揮していました
墨を起こしたり、スープを保温したりなど

以下引用

ドラゴンフライはマルチフューエルに対応します。
炎のコントロールが、小さい炎から最大パワーまで革新的な二重バルブ設計で自在にできます。
とろ火の料理から雪を溶かすことまで、あらゆる用途に対応します。

※各ストーブの燃料ボトルは別売りです。
※各ストーブにはストーブ本体にポンプ、ウィンドスクリーン、
簡単なメンテナンスキット、説明書とスタッフサックが付属しております。

●各ストーブの燃料ボトルは別売りです

最小重量(ストーブ+燃料ポンプ) 401g
パック重量 534g
燃焼時間(ホワイトガソリン)/600ml 126分
燃焼時間(灯油)/600ml 153分
燃焼時間(ディーゼル)/600ml 136分
1リットルが沸くまでの時間(ホワイトガソリン) 3.5分
1リットルが沸くまでの時間(灯油) 3.9分
1リットルが沸くまでの時間(ディーゼル) 3.5分
最高出力 約2,192Kcal/h
使用可能燃料 ホワイトガソリン、無鉛ガソリン、灯油、ディーゼル
生産国 Made in Seattle, USA

ドラゴンフライ ¥15,750- (本体 ¥15,000)

1332149423

●容量:11oz(325ml)1680円
●容量:20oz(590ml)1890円
●容量:30oz(887ml)2100円

652_1

MSR REACTOR(リアクター)

MSRより2007年より販売されているREACTOR

これはメンバー使っていまして
初めて見た時の
瞬間にして、お湯が沸くのを見て
トキメキました。

これは、日本では発売しておらず
アメリカで購入するしか方法がないらしいです。
現在、いろんな情報が飛び回ってますが
オークションや平行輸入とかe-Bayとかで購入出来るんだろうか?

日本ではガス検査の規格が不合格で未発売
MSRのガス缶も未発売
したがてってPRIMUSのガス缶は利用できるが自己責任

容量1.5リットルでガス缶も中に収納できます。
自動点火装置がついていません。

重さが483gなのでU.L向きでないがしかし
キャンプや軽登山については申し分ない。

MSR_Reactor110107_1

MSR_Reactor110107_4

MSR_Reactor110107_3

MSR(エムエスアール)

msr-logo

1960年代、クライミング用具の安全と品質向上の重要性を世間に広めることを目的として、1人のクライマーが創設したMountainSafetyResearch(マウンテンセーフティリサーチ(以下、MSR))。今日ではバックカントリーの厳しい環境に耐え得る多様なアウトドア製品を開発するグローバルな企業に成長しました。革新的な新商品の紹介、既存製品の改善、さらには古くからあるギアの見直し等を通じ、さまざまな面で、アウトドアギアデザインの基準設定に貢献しています。

http://www.e-mot.co.jp/msr/

msr