雪崩とビーコン

avalanche

雪崩はいつどこで起こるのか?
その実態はわかりません。

ただ起こりやすい場所、季節、雪の性質などで
なんとなく判断している方も多いです。

もちろん木がたくさん生えている場所でも起こります。
想定外に起こるのが雪崩です。

ビーコンは雪崩が起きた際に、雪の下敷きになった人を救出する際に
なくては行けないアイテムです。

最近のビーコンはほとんどがデジタルです。
その電波を発信して、別の機械が受信すると言うシステム。

単独では意味はないが、2人以上であれば
常に発信状態にしたままにし
救出作業時に、自分のビーコンを
受信モードに切り替え
発信状態のビーコンを探します。

どこに埋まってしまったか?

まず、探す方法もたくさんあります。
その場にいる人数、積雪状況、斜面、平ら
とにかく時間との戦いになるので
あらかじめ、勉強したり、
実際に練習をすると良いですね。

実際にいろんな方々が研究、練習しているので
そんな詳細しているサイトやブログを見た方が早いですね。

とりあえずは購入しましょう~
値段もスペックも本数もデザインもメーカーもいろいろです~
気に入らない場合はオークションで売っても
高値で取引されてます~

でもビーコンだけじゃ、駄目です
埋まってるポイントを更に探す為の棒 ゾンデ
そして掘り起こす為の道具 ショベル

この3点セット!!!ないと駄目ですね。

以下代表的なメーカーです

・Arva(アルバ)
http://en.arva-equipment.com

・ORTOVOX (オルトボックス)
http://www.ortovox.com/home

・Pieps (ピープス)
http://www.pieps.com/

・MAMMUT(マムート)
mammutstore.jp/‎

・Backcountryaccess (バックカントリーアクセス社)bca
http://www.backcountryaccess.com/

tracker_beacons

category_shovels

category_probes_2012

広告