NANGA WHITE LABEL(ホワイトレーベル)

NANGAから今シーズンより
新しく『NANGA WHITE LABEL』がスタート。

NANGA WHITE LABEL(ナンガホワイトレーベル)直営店のMOONLOID(ムーンロイド)
旭川の人気ショップが企画から関わっているとの事。

 

nwl-0001-cate1

定価:¥36,750

素材 
表地 ナイロン100%(AURORA-TEX) 裏地 ナイロン100%(NANOtex) 
中わた ダウン93% フェザー7% (860FP ポーランドホワイトマザーグースダウン) 200g
※国内ダウン表記のルール上、洗濯表示のダウンの混率はダウン90% フェザー10%と表記してありますが
ダウン93% フェザー7%のダウンを使用しておりますので ご安心くださいませ。

平均重量 600g
原産国  MADE IN JAPAN

納品  
ダウンジャケットはスタッフサックに収納して納品させて頂きます。サックからだしてすぐの状態ですと、ダウンが圧縮された状態ですのでシワが目立ちますが、 ダウンジャケットはサックから出して1日~2日ハンガーに掛けて置いておきますと ダウンの膨らみと、ナイロンのシワも元の状態に戻りますのでご安心くださいませ。

nwl-0001-bana4

 

世界60着限定

しかも、もう完売らしいです。。。。。

次の2014年予約受けつけ中。。。。

http://www.rakuten.ne.jp/

広告

シュラフのあれこれ

★まずシュラフ(寝袋)を選ぶ時には
・夏用      :10℃~5℃
・3シーズン用  :5℃~-5℃
・冬用      :-5℃以下
例えばイスカの場合

①イスカ エア 130X \16,170円
最低温度/ 8℃
重量/ 300g

②イスカ エア 150X \18,270円
最低温度/ 8℃
重量/ 360g

③イスカ エア 280X  \25,725円
最低温度/ 2℃
重量/ 550g

④イスカ エア 450X  \32,025円
最低温度/ -6℃
重量/ 840g

⑤イスカ エア 630X \38,850円
最低温度/ -15℃
重量/ 1,060g

⑥イスカ エア 810X \45,150円
最低温度/ -25℃
重量/ 1,320g

⑦イスカ エア 1000X \50,400円
最低温度/ -30℃
重量/ 1,550g

値段と重さと最低温度が比例して比較出来ます。

★シュラフの型と素材

現在の登山でほとんどがマミー型寝袋
コンパクトに小さく、軽い。
もちろん値段も高いです。

それに比べると、封筒型はサイズも大きいし重いぶん安い。
キャンプ向きですね。
中綿には2種類の素材あります。。

ダウン(羽毛)と 化繊

・ダウン
良い所は、軽量で収納サイズも小さいのが特長。
多くの空気を含み、快適に眠ることが出来ます。
「フィルパワー」という数値は品質の目安です

・化繊
ダウンと比べると低価格ですが、収納サイズが比較的大きるし重くなります。
あまり安価のものはヘタリが早く、保温性が低下しやす。
ただカビづらいし、洗濯も出来る。

★国内産のシュラフは
・使用可能限界温度
・快適使用温度
・快適睡眠温度域
・最低温度
・最低使用温度
・適合温度
それぞれのメーカーでの表記方法が違います。
メーカー間の単純比較はできません。
※モンベルではクロー値

クロー値とは保温力の単位を示し、1クローは、気温21℃、湿度が50%、風速5cm/秒の室内で、
安静状態にある人が平均皮膚温度33℃を維持するのに必要な保温性を表します。
快適睡眠温度は下着などのままでも6時間以上快適に眠れる温度
使用限界温度は6時間の睡眠が可能な温度と表記されています。

※Isuka(イスカ)

東レ人工気象室・テクノラマ
最低使用温度は測定方法や評価方法違ったとしても
基本はモンベルの使用限界温度と同じと言う見方もあれば
違うと言う見方もあり、後は内容(羽毛の量)の見比べなのかな?
ただモンベルは日本では羽毛量を表記していません。

※deuter(ドイター)
ヨーロピアン・ノーム:EU諸国間で販売されるすべてのシュラフに検査および表示が義務付け

★比較参考までに

・mont-bell(モンベル) U.L.スーパー スパイラルダウンハガー EXP  56,000円(税込)

■重量: 1,610g(本体重量:1,570g)
■快適睡眠温度域: -23℃~
■使用可能限界温度: -40℃
■収納サイズ: φ22×44cm (13.4L)
■適応身長: 身長183cmまで
■素材: 中綿:800フィルパワー・EXグースダウン
■撥水加工:ポルカテックス®
■表地:バリスティック®エアライト
■カラー: パーシモン(PRSI)
■サイズ: R/ZIP / L/ZIP
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1121203

m_k_1121203_prsi

・イスカ エア 1000X   50,400円

■重量: 1,550g
■最低使用温度: -30℃
■参考使用温度: -30℃
■生地:表/ナイロン100%・裏/ナイロン100%
■羽毛量:1000g(90/10 800フィルパワ-)
■最大長:84(肩幅)×208(全長)cm
■収納サイズ:φ23×38cm
■カラ-:ロイヤルブル-
http://www.isuka.co.jp/product/detail.asp?id=241&mode=1&bf=2

158012

・ドイター Astro EXPD -22° REG       90,300円

■サイズ: 全長221cm x 幅胸89cm x 幅足58cm
■ボディサイズ:~ 190 cm
■収納サイズ: 25 x 39 cm
■アウター生地: 20D Deuter Micro Tec RS
■20Dマクロテック(ナイロン)
■インナー生地: 20D Soft Nylon
■20D ソフトナイロン
■中綿: Goose down
■中綿重量: 1350 g
http://www.deuter.com/jp/JP/product/452-454/49092/AstroEXPD22Grad.html

360x500_3803_Astro-EXPD22_2812_12

・ビッグアグネス Crosho SL 66,900円

■レギュラー 182cmまで / ロング・ 198cmまで
■保温素材…700 DownTek
■保温素材重量…1220g/ 1304g
■総重量…1.76kg/ 1.81kg
■肩周り…152cm/ 157cm
■腰周り…137cm/ 142cm
■足周り…91cm/ 96cm
■通常収納サイズ…25cmx53cm/ 25cmx53cm
■圧縮収納サイズ…25cmx30cm/ 28cmx33cm
■-28℃

Crosho-SL-1

・ナンガ オーロラ900SPDX  77,700円
■快適使用温度 -27℃~
■使用可能限界温度 -45℃
■表生地:オーロラテックス
■裏生地:40dnナイロン
■内部構造:ボックス構造
■ダウン量:900g
■フィルパワー:860FP
■収納サイズ:φ21×41cm
■付属品:ショルダーウォーマー付
■総重量:1550g

http://www.nanga-schlaf.com/shop1/shop.cgi?order=&class=0&keyword=&FF=12&price_sort=&pic_only=&mode=p_wide&id=215&superkey=1#

142111

NANGAの永久保障について

修理&修繕のみ無料
羽毛の増量と、表生地&裏生地、その他部品交換はお客様の負担。
もちろん送料はお客様の負担

NANGA(ナンガ)

logo

滋賀県より日本で唯一の日本製シュラフを製造販売しております。また、ダウンジャケットなども製造販売。有名な登山家の方からも信頼が厚くナンガの製品は良いと好評です。春夏秋冬どんな季節にも対応しております。

NANGAは長年に渡るダウンバックの生産を通じて得た独自のノウハウを用いて 登山家の様々なニーズにお答えできるスリーピンバックをラインナップしています。

驚く程の軽量・コンパクト化をNANGAの縫製技術が実現しました。最も一般的な冬山用のダウ ンバック600でも収納サイズはわずかに18×41cm重量も1150gという軽量さです。

テントの居住性の向上や日本人の体格の変化にあわせてNANGAでは、シュラフサ イズの見直しを図りました。肩まわりの楽な86cmのワイズで、着膨れしていても快適です。又、小柄な方用のショートモデルも5タイプ用意しました 。

どうしてもハードな環境下ではシュラフも傷みがち。アウターが破れたりタバコで焦がしたり。そ んなときはアフターケアも万全のNANGAまで、ご一報下さい。(ただし、修理代、送料ともお客様のご負担となります。)

http://www.nanga-schlaf.com/

eikyuhosyou